福岡県小郡市横隈の小児科

お知らせ
お知らせ

宝満川岸から花立山を見ながら思う事 最近の周辺の感染状況(11月30日 )

11月28日以降特定の小学校での感染者が増加している印象があります。患者数が増えていますし、特定の学年での感染者が多い印象です。福岡県の患者数も増加しています。今一度の感染対策をお願いします。インフルエンザとコロナの同時感染の心配もあります。今のうちに対策を!                                            (1)コロナワクチン(可能ならオミクロン対応2価ワクチン)、インフルエンザワクチンの接種。両方のワクチンを12月末までに接種しておきたいものです。乳幼児のコロナワクチン接種も推奨されているが、親御さんの接種に対する不安な気持ちも理解できます。でも、両方のワクチン接種は無理でも、インフルエンザワクチンだけでも接種した方がいいんではないかと思う。乳幼児への感染を防ぐための周囲の家族の接種が必要かもしれない。報告されたコロナ重症例を見るとワクチン未接種者が多い傾向にあるのも事実です。                                             (2)必要な場面での適切な感染対策:マスク着用、3密の回避、換気対策など                                 (3)診療所としてはコロナ・インフルエンザの同時迅速検査キットの確保、インフルエンザ治療薬の確保   

このコロナ・インフルエンザとの戦いは12月以降が大切な時期になりそうです。

Ⅰ:周辺での感染状況                                                         (1)インフルエンザ :まだ多くなくこの1か月間に福岡県では1週毎に、1→7→4→13→20と少し増加傾向?                                                    (2)呼吸器感染症                                                              ①RSウイルス:先週は1でした。                                               ②ヒトメタニューモウイルス:大原保育園2名,さくら乳児園4名、感染経路不明1名                                                               (3)アデノイウルス:1名                                                           (4)感染性胃腸炎                                                                ①ウイルス性胃腸炎:寒くなって幼稚園・保育園で増えている印象                                                      ②細菌性胃腸炎:カンピロバクター腸炎が1名ほど:鶏肉には火を通しましょう。